春夏秋冬をまとうファッションのススメ

季節ごとのワードローブ選び

季節ごとに素材を考えた洋服選びをしていますか? 寒い時期にはカシミヤ、ウール、フランネル、ツイード、コーデュロイ、暑い夏はリネンや麻、女性ならではのチュールやシフォン。 同じニットでも秋冬はウールニット、春からはコットンニット。 それぞれの季節を、様々な素材をまとって楽しみましょう。

洋服を色味で選ぶ

その季節の色って、気にしていますか? 人はそれぞれに好きな色がありますから、どうしてもそれメインになりがちですが、 黒が好きだからといって、真夏に上から下まで真っ黒はさけましょう。 淡いピンクなどパステルカラーは春の色、秋冬はワインレッドやマスタード、ブラウンが似合います。 その季節の色をまといましょう。

前後の季節アイテムも取り入れてみる

まだ寒いけれど、暖かい素材で色だけは春らしくパステルカラー。 冬アイテムのタートルネックでも淡色であれば、春の薄手ワンピースやチュニックのインナーに合わせられます。 白など明るい色なら、ロングカーディガンも夏まで着まわせます。 前後の季節アイテムでも、素材や色をずらせば、2シーズン着まわすことができます。

洋服を素材で選ぶ

春は軽やかに、夏は涼しげに、秋はシックに、冬は暖かそうに。
春は春らしく、夏は夏らしく、洋服を着ている自分自身だけでなく、周りの人が見ても、その時々の季節を感じさせる、それが季節感です。
見た目の色合い、生地の素材、見た目だけでなく、気温や気候に合わせて心地よくすごせる、それは本人だけでなく、同時に周りも心地よくさせます。
また、冬の終わりがけに春を、春の終わりがけに夏をと、次の季節を少しフライング気味に取り入れるのがオシャレさんです。
でも、無理は禁物です。それでなくとも体調を崩しやすいのが季節の変わり目です。
もう春だけど春服にするにはまだ寒いなと思うときは、まずは色はだけでも先取りしてパステルカラーなどの淡色で春らしく、暖かい素材を選べば、季節を先取りファッションにありがちな、寒さ暑さの我慢もありませんし、「あの人、オシャレなのはわかるけど、寒そうだよね」と周りに心配されることもありません。
そして、なんといっても、季節の変わり目に便利なのが、カーディガン。
暖かいウール、涼しげなリネン、レース、ショート丈、ロング丈、長袖、七分袖、フレンチ袖、無限かと思えるようなバリエーションがあります。前ボタンを閉めれば、インナーの上にカーデ1枚でも着まわすことができ、UV加工のものも多く、紫外線対策にも有効な、優秀すぎるアイテムです。
春夏秋冬、自分も周りもみんなが心地よく過ごせる、季節感を無理なく取り入れられるコーディネートを、具体的に考えてみましょう。