春夏秋冬をまとうファッションのススメ

>

洋服の素材で演出する季節感

その季節にあった素材とは、その季節の気候を心地よく過ごせる素材ということになります。
寒い冬を暖かく過ごすための素材。ウールやツイード、カシミヤ、フランネルなどが冬の代表選手ですね。
シャツ、ワンピース、カットソー、パンツ、スカート、アイテムは同じでも、素材が違うことで、季節感を出すことができます。冬はウールニット、春になればコットンニットという風に。
また、同じウールでも薄手のものや色が薄めのものであれば春にも活躍できます。
夏場はやはり、コットンや麻、またシフォンやレースも女性ならではの夏の素材です。コットンや麻はシワになりがちですが、夏場の麻のシワは見逃してもらえがちですので、是非、麻アイテムを取り入れてみてください。


年中着まわせるデニム

さらにはデニム。Gジャンなどアウターにしても、パンツやスカートにしても、あわせるトップスによって、年中着まわせる優秀なアイテムです。
夏の定番、白いトップスにデニム。また、ビビットカラーのトップスにあわせても夏らしく、開放的なリゾートファッションにあわせてもかわいいですね。かっちりした装いのときも、デニムをどこかに取り入れることで、カジュアルダウンできる効果もあります。定番のネイビーだけではなく、薄いグレーや白のデニムに挑戦してみてはどうでしょう。デニムの着まわしの幅が広がります。
また、どのアイテムのどの素材にも共通して言えるのは、白は垢抜け効果の期待大ということ。季節に関係なく着れる最強色と言えるでしょう。


季節ごとのワードローブ選び

この記事をシェアする