春夏秋冬をまとうファッションのススメ

>

冬服と春服をミックスで楽しみましょう

春先はまだ寒いからといって、重ね着しすぎの着膨れになっていませんか?
薄めの素材の春服ワンピースやチュニックにも、淡い色の冬服タートルネックをあわせれば暖かく過ごせます。
ただし、秋冬に大活躍した黒や茶色のタートルなどでは、折角の春服の軽やかさを打ち消して、冬に逆戻りしてしまいますので、要注意です。
春らしいワンピースの暖かめのカーディガンを羽織って防寒対策。
この場合もカーディガンの色は白など淡い色がおススメです。寒いからといって、真っ黒なロングカーディガンなど着込んでしまったら、折角の春服が台無しです。丈も短めの方がバランスがとれますね。
また、皮のライダースなどもライトグレーや白など軽めの色なら、甘いデザインの春ワンピースも、キリッと引き締めてくれます。真夏以外は着まわせる優秀なアイテムです。

3首出して軽やかに過ごしましょう

4月くらいになると、ブラウスもカットソーもなんだか長袖だともったりしてしまいます。
折角の春です。首、手首、足首の3首を出すことで、垢抜けて、女らしさも急上昇ということで、早い時期から暖かめの素材のノースリーブや半袖など、袖丈短めアイテムを取り入れることをおススメします。もちろん、そのままでは、夜や朝は、寒すぎるので、ここでも活躍するのがカーディガンです。カーディガンは本当に優秀アイテム。季節にあわせた素材や色味、長袖、七分袖などいろいろ揃えても無駄になりません。もちろん、先の淡色革ジャン、ライダースもここでも活躍を期待できます。
前後の季節のアイテムもうまく取り入れながら、ワードローブを整理し、選りすぐりの洋服を着まわして、心も体も、そして、クローゼットも軽やかに過ごしましょう。


前後の季節アイテムも取り入れてみる

この記事をシェアする